ヤマザキショップ下北山カーブの店


TOPページへ
釣果報告ほか情報掲載! 掲示板 ホワイトリバーへのアクセス方法、レンタルボート、昇降、ご利用料金など リンク集
ホワイトリバープロガイドサービス カーブの店 カーブの店カップ情報


コンテンツ
奈良の天気

最近の記事
最近のコメント

ads by google

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
google検索

ブログ内検索

RSSフィード
リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は6人参加でしたが賑やかな気持ちの良い若者たちです。
画像 3749
詳しくはwhiteRiverGalleryのページ

スポンサーサイト
大坂の日下さん、宮東さん、関本さん、福永さん、毛利さんの内輪のトーナメント。水位も上がり綺麗な水が流れ込みやや上向き加減の池原ですが、もう少しというところです。初めてホワイトリバーを使って戴き有り難う御座いました、お疲れ様でした、優勝した日下さんのバス持ち写真が無くて申し訳ありません。
画像 3732  画像 3731
    優勝の日下さん       ビック賞の毛利さん(丁度50センチ)
有り難う御座いました今後とも宜しくお願い致します。福永さんが30代後半で一番若く、後の方達は40代後半のナイスミドルです。
車が修理から帰ってきたので久し振りのマイボートでの釣行、バスはイッパイいるけどデカイのは口使ってくれないし数は釣れるけど釣れても40位までのバスばかりでサイズが上がらないし午後から雨が降るししんどい一日でしたねお疲れさんでした。
画像 3730
古吟マスターと同じようなことを話してました。
明日から津風呂湖JB戦の前日プラに行く用意があるので今日はお昼で終了して帰還。この3日間サイトの練習のみ、物凄くバスは見たけど良いバスは口使ってくれないそうです。40位まではつれるけどそれ以上サイズが上がらなく、今まで池原に来た中で一番厳しかったみたいです。
画像 3728
数は出るのですがこのサイズまでだそうです。 詳しくはここから⇒古吟マスタープロのブログ
やはり何をして良いのか解らない今の池原の餌食になってしまった2人です。又状況が良くなってきたらリベンジしてください。
画像 3726
バス持ってこれない時の為におさえで撮っておいた27日のお客さんです。
画像 3719  画像 3720  画像 3722
     本田君と友達              大矢君           岡本君 西澤君 今西君
皆さん朝の出船前の顔は自信に満ち溢れた顔をしていましたが、釣れない所に強い雨に叩かれ散々な一日でした、皆んな帰り道は、来た時より遠かったでしょうね。お疲れ様でした、リベンジお待ちしております。 
一日目(8.27)詳しくは古吟マスタープロのブログで。
画像 3724

二日目(8.28)詳しくは古吟マスタープロのブログで。
画像 3724

ホワイトリバーから本流と前鬼筋インターセクションまでの岩盤をダウンショットでランガンに打って行き41センチを頭に9本、水深3m位、ガレバ等駆け上がりは反応が無かったそうです。
画像 3718  画像 3777


8.27 二日目の土川君と赤澤君。やはりちょっと渋いようですね赤澤君少し拘りのある釣りをしているせいかチョット今回は釣れてません。
画像 3723



リッター3キロ弱のフォード(6.800cc)てボートを引っ張ってくるお客さんです。駐車場一台で偉大分の場所が居るような車です。朝一に白川に上がり赤い橋の橋脚で写真の40アップをトップウォターて゛。日替わりで釣れたり、釣れなかったりの、この渋い状況の中トップで40アップ気持ちよかったでしょうね。
画像 3682
朝六時スタート、+6時間で12時ウェイン。今年は琵琶湖中心でトーナメントを開催してきたチームですが何故か今回は池原にやってきました。久し振りに見る顔、顔です。
詳しくはWhiteRiverGalleryのページ
北村君と一緒に釣行です。珍しく北村君の写真がありません。橋本君の一枚だけです。画像 3669
ホワイトリバーの小森プロが暫定2位で決勝に進みましたが順位を落としましたが4位入賞いたしましたのでお知らせいたします。
ca3b0054.jpg
嬉しいですね小森プロトーナメントシャツの右側見てください、ホワイトリバーのワッペン付けてくれてます。皆さんも残り試合の応援宜しくお願い致します。

和歌山県岩出からお越しの近畿大学2回生の木村君と吉岡君、去年も来てくれ面白かったと言って今年も来てくれました、カーブの二階も利用していただき有り難う御座いました。最近の若者としては挨拶もきちんとできて礼儀も正しくかなり良い感触の二人でした、又遊びに来てください、有り難う御座いました。
画像 3676
バス釣りが好きなんですね、スタッフが片づけが終わるまで桟橋で釣りをして一緒に上がってました。
本日、お世話になりました、伊藤です。
一ヶ月前に来た時より、かなりの減水で、最後まで、バスを見つけられませんでした。
悔しいです!!近藤さんも、ほとんど同じ釣果です。

■釣果:チビ5本、ジョインテッドクローで1本

■リグ:スイングインパクト(チクビリグ)、PDLシャッドシェイプワームDS

■ポイント:ホワイトリバー対岸等
画像 3670


有り難う御座いました、今後とも宜しくお願い致します。
橋詰君は古代下流の水中島で53センチダウンショット、弟子の伊東君は橋爪君にそこへ投げてと言われた場所で40アップと30アップ。この日午前中の9時ぐらいまでは活発な動きをしており結構バイトがあったようです。
画像 3666  画像 3667  画像 3668
               橋  爪  君                         伊東君
5月の連休には彼女を連れて2週間でしたが今回は友達と2人だけの釣行。何時も七色主体ですが今度来る時は池原メインでやってみてください、池原わかってくると面白いと思います、又今の時期水温とか急激な変化があり、朝晩涼しくなり我々人間にとっては過ごしやすくなっているのですが、バスには31度近く上がった水温が一日で3.5度も下がったりで変化についていけず大変釣り辛くなっているのが今の池原です、何をやったら良いのか皆もわからなくなっています。そんな時の釣行でしたので大変でしたね、次の機会お待ちしております。
画像 3672
19歳の雄己君と親父さんです。前にこられた時に少しだけ聞いた覚えがありましたが今回は少し詳しく話してくれました。雄己くん中学の時登校拒否になり親父さんと気晴らしにバス釣りをはじめいつの間にか没頭していくうちに登校拒否に打ち勝ち高校にも進学、今は大学生になり立派に社会復帰した雄己君です。当時家族がいじめではないかと思い聞いても絶対に言わなかったそうです、お昼一緒に食べていて色々話しましたがいじめだったんだろうなと感じましたが、雄己君は心優しい子なんでしょう、おそらく友達のことを思って言わなかったのでしょう。家族も大変だったでしょうけどバスフィッシングに出会い人と向き合い、家族と向き合うことができるようになり頑張った雄己君と親父さん、そして家族の皆さんに拍手です。☆☆☆☆☆です。
色んな悩みの持った若者がバスフィッシングに出会い心の病が直ったという子がイッパイ居ると思います、もちろんバスフィッシングだけで良くなったとは言いませんが、バスフィッシングをすることで自然と触合い人と話をする機会が多くなり得るものがイッパイあると思います。時の女姓大臣が何も知ら無いで無責任に押した印鑑で若者の健全な遊びを取り上げてしまう恐れのある法律を作ったバカ政治家とバカ役人とバカ学者達は、いたるところにダム建設をした時点で日本の生態系が壊れてしまっていることに気づけと言いたいです。
画像 3673
二日間お疲れ様でした又何時でもいいですからお出で下さい。イッパイ話させてもらい有り難う御座いました。カーブの店の二階も利用していただき有り難う御座いました。
津市の中山君兄弟、有り難う御座いました何度か釣行していただいていますがあまりお話ができずですね、次の釣行の時は怖そうに見える私ですけど恥ずかしがらず話してみませんか。良い話が出てきて池原のバスつりのに少しは参考になり釣れるかもですよ。有り難う御座いました、又お越し下さい。
池原が初めてなのに季節の変わり目で一番釣りづらい微妙な時期と、お盆休みでボートが走り回った後のプレッシャとが重なった時期の釣行になりましたがお疲れ様でした、有り難う御座いました。国道を走っていたらトリワタリ谷で見えたので一枚失礼させていただきました。
画像 3665
40センチ弱を頭に何本か釣られたそうでしたが、池原初バスの感触は他のリザーバーや野池と違いサイズが小さくても掛かった瞬間の数秒間もしかしてと期待感を抱かせる引きは池原独特のものだと思います。有り難う御座いました。
日産の橋本君と一緒に釣行の遠藤君が超過報告送ってくれましたので紹介いたします。

こんにちは、昨日(20日)お世話になった、日産の遠藤です。
帰りに、おっちゃんが不在で、スタッフの人たちも忙しそうだったので、メールで報告します。
最近の池原は厳しそうなので、普段使わないスピニングタックルで挑んだところ、又川の橋脚付近で、70オーバーの“コイ”が釣れてしまいました。リグはカットテールのジグ・ヘッド・ワッキーで、コイが吸い込む瞬間が見えたので、“ヤバい”と思い、あわせなかったのですが、不幸にもフッキングしてしまいました。10数分間格闘し、橋本さんにランデイングしてもらい、巨鯉ゲットです!なれない事(スピニング・タックル)は、しない方が良いですね!カットテールのジグ・ヘッド・ワッキーを使用している人は注意です!
GRL_0000.jpg

今回の釣果報告は、“巨鯉ゲット”がメインなんですが、一応本来のバスの釣果も報告しておきます。
午前中、WR対岸と、又川で、橋本さんがジグヘッドで35と30cmを、僕がジグ・ヘッド・ワッキーで30cmを1匹。状況があまりにも、良くないので、移動し、前鬼と白川の合流点で、僕が、テキサスで43cmを1匹、橋本さんはテキサスで2回アタリがあるが、フッキングできず。
午後からは、前鬼のバックウォーターから流したが、状況は白川と変わらずで、ノーヒット。
夕方4時からの1時間を得意なテキサスに賭けることにし。坂本に移動、エレキ全開で、垂直岩盤だけをランガンし、橋本さんが40センチ1匹、僕が32cm1匹と45cm位をボート際でバラし。2人共、そのほかにもアタリは数回ありました。

以上が、今回の釣果報告です。
今後は、坂本筋も視野にいれて、釣行しにいきます。
またよろしくお願いします。
富田林の寺田君と大阪市の山口君お疲れ様でした、有り難う御座いました。
伊賀市の関口君(ボート&タックル・クルーズの店長) 、奈良県宇陀郡の竹村君、お疲れ様でした、有り難う御座いました。
昨日は釣れても今日は釣れない、本当に変な時期です。毎年季節の変わり目のこの時期は全国何処のリザーバー、湖でも同じような状態になり、何をしたら良いのか解らなくなってしまう微妙な時期がこの季節の変わり目なんです。持田君、樋口君、智也君も二日間そんな池原に悩ませられお疲れさんでした。
RIMG5098.jpg  RIMG5099.jpg  080722_1240~0001

なんと言っても今回の釣行で一番良かったのはここです。
200808191926000.jpg  200808191925001.jpg  200808191924000.jpg
初めてのカーブの二階とつなぎ目でのイッパイ会、ご馳走様でした有り難う御座いました。
 
大坂平野の原田君兄弟です。お疲れ様でした兄弟だったんですね、何時も七色に行っていて初めての池原はどんな感じでしたか、夏休みとお盆休みで浮いているでボートの数が普段の日より何倍も多くなってバスに掛かるプレッシャーも高く釣りづらかったと思いますが又良い時にでもお出で下さい。有り難う御座いました。
画像 3664
山梨からお越しの杉山君と金子君です、初池原の初バスを獲っていただき良かったです、それも二日目は40アップも出て良かったですね。お昼に上がられたようで帰りお会いすることが出来ませんでしたが、有り難う御座いました、お疲れ様でした、次の機会も宜しくお願い致します。
画像 3640
持田君たちと中々休みが合わず暫く池原に来れなかった2人ですが今回は持田君、樋口さんと一緒に釣行。やはり間を長く空けると水位の変動が状況が一日一日変わっていくのでその日のパターンを読みきるのが大変難しい池原です。
RIMG5095.jpg  RIMG5096.jpg
槙野兄弟は一日で終わり、持田君と樋口さんと友樹はカーブの二階で泊まり二日間。

初日43センチ、二日目57センチと好調な滑り出しだったのですが、三日、四日、五日目まで釣れるがサイズか30センチ前後とマメばかりで殆んど夕方までやらない人ですが、今回は自分の思う釣りが出来てないのか間の三日間は夕方までミッチリとやってました。最後の日はすこし切替えをしてコースを変更白川上流から入ることにしたのが良かったのか、45センチをシャローで、カットテールの赤、ダウショット。20日の日の朝出発。
RIMG5094.jpg  画像 3656  画像 3660

旅立ちの朝船着場に寄って行ってくれました。
画像 3665
6日も居たからもういいやろと聞いたら、ポツリともう少し居たいわ、チョット寂しいわ。缶コーヒー飲んで帰っていきました。



会社の仲間だけでやっているペアのミニトーナメント、4月の移動で営業所がバラバラになり少し人数が減ってますが落ち着けば又戻ってくるでしょう。皆の話を聞いていると年末は物凄く盛り上がりそうです。詳しくは当ホームページのホワイトリバーギャラリーのページをご覧下さい。  
こちら⇒White River Gallery
今回の釣行は今年一番渋かったとのコメントでした、午前中40アップが1本、あとは小バスがチョロチョロとつれただけでした。里奈ちゃんも20位の釣れたそうです。2度目ですが里奈ちゃんはお父さんのことが大好きなんだな感じました。
画像 3635  画像 3638
桟橋でお客さんのロッドを握って遊ぶことがあっても、自分のロッドを持ってバス釣りするのは一年ぶりです、握力もロッド投げてしまった一年前より出てきているような気がし、深瀬谷へ行ってみました、でも握力も手の感覚も今一戻ってない感じでした、でも一匹釣りたくて中ごろにある立ち木でマイクロクローラーでダウンショット、小バスが2本連続フィッシュ、奥へ入っていくと20センチから35㎝位のバスが15匹ほどの群れで同じところを行ったり来たりしていたので進行方向にキャスト群れの中の一匹が釣れましたがデッキの上でバレテしまいバイバイ。浅いところにいるバスは保護色となって川底の色と同じように白っぽい緑色になっていて見つけにくくなってます。結局一年振りのバスは、まぐれで釣れた子バスが2.5本。
20080817134127.jpg
皆さんお久し振りです。
一日目の大矢さん。40アップ2本の他は小バス、渋いなー。
画像 3602

二日目に亀田君がマイボートで到着。大矢さんは放水口で50センチ。名倉君は深瀬谷入り口の左側の岩盤で40アップ。亀田君は何時もの自分のポイントを丁寧に。3人ともダウンショットを主に使用。
画像 3603  画像 3604  画像 3605
// HOME // NEXT


カーブの店
営業時間 午前7:00~午後10:00
奈良県吉野郡下北山村上池原114
電話 07468-5-2626

メールはこちら
ホワイトリバー
奈良県吉野郡上北山村白川1368-6
TEL 07468-3-0880

メールはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。